集まれ! 全国のパソコンスクール経営者たち

絆 「kizunaコンファレンス2011」

東北地方太平洋沖地震の被害を受けた方々に、心からのお見舞いを申し上げます。
そして、一刻も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。
今こそ!我々パソコンスクール経営者は、
助け合い、そして未来に向かって力強く歩き出さねばなりません。
いま、この国にある最高の財産は「絆」である。
この辛い現状をどう乗り越えていくか、そのカギは人と人との[kizuna]にあります。
我々パソコンスクール経営者同士の人と人との絆[kizuna]を再確認し、
日本パソコンスクール協会の理念である、
全国で多くの「パソコンスクール」が競争する中で
『お客様から支持される質の高いパソコンスクール』作りを
全国レベルで協力し合い実現すること。
を実践するときです。
今回の震災は、未曾有の大きな災害ですが、
「同時に、いろいろと考え直す良い機会を与えてくれた。」と、私はとらえています。
夢を持って、スクールを始めたあの頃。
希望も、わくわく感も有ったよね。
でも、いま・・・・自分のスクールを見れば!
・自分のこのパソコン教室・パソコンスクールをどのように成長させて行くのか?・・・・
・それとも、新しいスタイルに変えていかなければならないのか?・・・・・
・何もしないで、今のまま続けていったら、どうなるのか?・・・・・悩むなぁ~
スクールの内を見れば!
・インストラクターが辞めて、近くで独立してしまってノウハウを盗まれた!・・・・
・生徒が、急に入らなくなったが原因が分からない?・・・・
・教室を止めたいのに、退去する資金が無くてどうにもならない!・・・・
問題や悩みを数え出したらキリがありません。
そんな!悩みや不安を
「仲間に聞いてみよう!」
「仲間と考えてみよう!」
きっと!
「仲間の誰かも、私と同じ悩みに苦しんだ。」
けれど、
「仲間の誰かは、それを解決して、乗り越えた!」
解決策を持っている仲間がいる。
頑張っている、仲間がいる。
悩みを打ち明け、
助け合い。
励まし合い。
仲間で、共有して問題を解決して、
元気なパソコンスクールになろう!
助けあい、乗りこえる。
私たちの財産は[kizuna

会議や打ち合わせというのは、

人と人とが発想を交わすことで、

一人では無理だった大きな発想ができること

に意味があります。

絆 「kizunaコンファレンス2011」では、
全国のパソコンスクールの仲間が、あなたをお待ちしています。