最新情報

日パ協『NEXT』ステージが始まります。

日本パソコンスクール協会 会員向けメールマガジン・バックナンバー
2015/01/26 日パ協通信 737号 【日パ協『NEXT』ステージ】が始まります。
2015/02/01 日パ協通信 738号 【日パ協『NEXT』ステージ】自然と人が集まってくるスクールの作り方
        【01】まず、変わらない自分を変えよう
        【02】チラシで人を集めるのではない
        【03】人が、集まりたくなる場所とは
2015/03/05 日パ協通信 739号 【今年の総会はおもしろい!日パ協『NEXT』ステージ】 4/29 京都・総会のお知らせ
2015/03/13 日パ協通信 740号 【日パ協『NEXT』ステージ】成功の秘訣10箇条 内村鑑三
2015/04/08 日パ協通信 741号 【日パ協Adobeスクール】Adobeライセンス更新と契約について。
・前年同月比で生徒数245%を達成、その秘密をお話しします。
2015/04/20 日パ協通信 742号【日パ協『NEXT』ステージのスタートです!】
・スクールをやめようと思いました。「良い自転車操業 と 悪い自転車操業」
        【01】まず!「人生や仕事を最高に楽しみたい!」と本当に思ってみましょう。
             ☆☆☆これからのスクール経営の考え方☆☆☆
        【02】総会終了後に懇親会をおこないます。
             飲み放題 食べ放題 で3800円です。
             倖田來未や他芸能人もよく通っているお店です。
             会場から歩いて20秒のところです。

2015総会の出欠確認(正会員)

日時: 平成27年4月29日(祝)12:30~ 総会
場所: 京都・アクセスパソコンスクール
京都市伏見区 深草飯食町782-12  TEL:075-643-6826
京阪藤森駅から歩いて3分・駐車場(先着順・要予約)

■定期総会
議題:
(1)平成26年度事業報告ならびに決算報告の件
(2)平成27年度事業計画案ならびに予算案承認の件
(3)その他

■セミナー: 日パ協『NEXT』ステージ 会員スクールによる事例発表

~5年後も元気な楽しいスクールであるために~
「共に理想のパソコンスクール経営の姿を創り上げる喜びを愉しむ」
「自分も相手も高める」

終了しました。

日パ協通信 737号 【日パ協『NEXT』ステージ】が始まります。

こんにちは
日パ協事務局の大塚 雅之です。
先日、スクール経営の本質を理解なさっている特に一級のセンスをお持ちの○○スパソコンスクールさんを訪問してきました。
ズバリ、曲がり角に来たパソコンスクール経営の中で、
マイペースで着実に増収しつつ成長している!
全国でも希なパソコンスクールさんです。
日パ協会員の皆様にも、
ここのスクール経営を実際に自分の目で見ていただき、
パソコンスクール経営の考え方やものの見方を一度リセットして、
真実を見て考え方を変えていただきたいと考えたからです。
いつも、この日パ協通信を書きながら、
皆さんにこの紙面で表現できないジレンマに悩まされ続けています。
それは、
表面上で目に見えることに邪魔されて、
それに隠れて見えない「物事の本質」を
どのように皆さんに伝えたらいいのか。
と言うことです。
「 スクール経営の本質」が分かれば
あなたのスクールを、さらに「次」のステージへ!
あなたのスクール経営を、もっと「次」の領域へ!
進化することができます。
そうなれば、苦しいスクール経営とは無縁の
楽しいパソコンスクール経営となります。
日本パソコンスクール協会の会員様の生徒さんが、
社員、スタッフの皆さんが、たくさんの笑顔になりますように。
日パ協『NEXT』ステージ が始まります。
その内容を実践した人だけが手に入れることができるのは、超一級の成果です。
今年の日パ協総会は、4/29日です。
ゲスト講師は呼びません。
参加者のお一人お一人が講師であり生徒です。
【01】「どうやったら、生徒が集まりますか?」

「どうやったら、生徒が集まりますか?」
「どうやったら、儲かりますか?」
「どうやったら、広告の反応があがりますか?」
このような質問を日パ協の設立当初からどれくらい受けてきたでしょうか。
景気が良い時も、
景気が悪い時も、
どのような時代になっても、
スクール経営者の悩みは、変わらないものです。
ところが不思議なことに、
「どうやったら、生徒が集まりますか?」
と言う質問に、
「では、毎月何人集めればいいのですか?」
「具体的な生徒数は何人なの?」
と聞き返すと、ほとんどの人は、正確に必要な生徒数を答えられないのです。
「どうやったら、儲かりますか?」には、
『いくら儲けたいの?』と聞き返します。
「どうやったら、広告の反応があがりますか?」には、
『どのくらいの反応が欲しいの?何パーセントが欲しいの?』
そう聞いても、
ほとんどの人は、正確に必要な数を答えられないのです。
つまり、悩みがあって質問してきても、
その悩みについて、自分自身で具体的に考えていないし、
また、現状を把握していないのです。
それでは一体、「問題の本質は何なのか?」
分からないから、
自分は何をしたらいいのか?
分かるはずもありません。
目に見えている表面的ことだけを悩み、
問題の本質が分からずに、
何を悩んでいるのかも分からずに、
ただ悪い状態だけがズルズルと長引いてしまっている。
そのようなスクールがたくさんあります。
私たちは、スクール経営者です。
経営論などの専門知識を学んできたわけでも無く、
情熱と気合いだけで、ここまで生き延びてきました。
しかし、ここ1~2年前からは、
それまでの経験論や情熱と気合いだけでは、
とても太刀打ちできない状況となってきていることを
感じられる事象がたくさん見受けられます。
我々、スクール経営者も、
しっかりと問題の本質を見極めながら、
一過性のテクニックや小手先の手法に頼り続けない
経営の根幹にあるマーケティングを身につける時が来た。
そのように感じましたので、
本年を「スクール経営NEXT」として、
あなたのスクールを、さらに「次」のステージへ!
あなたのスクール経営を、もっと「次」の領域へ!
日本パソコンスクール協会の会員様の生徒さんが、
社員、スタッフの皆さんが、たくさんの笑顔になりますように。
日パ協『NEXT』ステージ が始まります。
その内容を実践した人だけが手に入れることができるのは、超一級の成果です。

日パ協通信 736号 【逆転のスクール経営その2】空き時間にカイロプラティック始めました

こんにちは

日パ協事務局の大塚 雅之です。

 

 

日パ協通信 734号 【逆転のスクール経営その1】生徒さんが先生、パソコンスクールがカルチャースクールに変身!

の続編です。

 

 

×パソコンスクールの経営者のいけないところ、

  その1 何でも最初から、「○○○がやるもの」と決めつけているところ × です。

 

×パソコンスクールの経営者のいけないところ、

  その2 何でも、「○○○に任せられない」と決めつけているところ × です。

 

 

×パソコンスクールの経営者のいけないところ、

  その3  何でも最初から、「○○○じゃ出来ない」と決めつけているところ × です。

 

何をしたらいいのか分からないし、

自分の教室のように小さな教室では、

何もできないから、打つ手が無い。

そのように、思っているスクール経営者は意外に多いものです。

 

 

ところが意外にも、

あなたの身近にも凄い先生が居ることの実例を

日パ協通信 734号 【逆転のスクール経営その1】生徒さんが先生、パソコンスクールがカルチャースクールに変身!で、

 

・楽しいパソコン講座として、毎週木曜日の午後から開催している「お楽しみ講座」と、

休校日の空き教室で開催している講座で「ミニ着物講座」を紹介いたしました。

2つ紹介いたしました。

 

さらに、驚くことには、○○○パソコンスクール様(○○○代表)では

 

他にも、

・ミニチュアスイーツデコ講座

・カイロプラティック講座

 

も開講しております。

 

そのきっかけは、生徒さんが「自分の趣味で始めた作品」を教室に持ってきて、

他の生徒さんに見せたことが始まりだそうです。

 

何気ない普段の中でも、お客様の興味を感じ、それをヒントに

さらにそれを講座に発展展開させている、

オウレットパソコンスクール様が、

生徒さんとの一体となられている教室の雰囲気が伝わってきます。

 

 

普段の何気ない生徒さんとの会話の中にも

ビジネスチャンスが広がっていることの好例だと思います。

 

 

これも、単に「生徒さんが喜んでくれる!」という

オーナーご夫妻の「生徒さんのためになったという喜び」からスタートされているもので、

まず、ビジネスありきからの発想ではないから、続いているのだと思います。

 

「教室の空き時間の有効活用方法です」

 

「発想」のヒントは、どこにでも転がっています。

 

 

 

 

  • ————————————————————————-●
 

 

 

【1】生徒さんが先生!

 

1.ミニ着物講座

日パ協通信 734号 【逆転のスクール経営その1】生徒さんが先生、パソコンスクールがカルチャースクールに変身!

 

 

2.大人気♪ ミニチュアスイーツデコ講座

 

 

まるで本物みたいな! スイーツデコや、

フード…ドーナツやクッキー・ホイップ等のストラップを作っちゃう講座。

 

 

作る作業は、本物を作るのと同じ行程なんです。

見ていると、とても美味しそう!

 

でも、食べられませんよ。

 

 

 

 

 

この「ミニチュアスイーツデコ講座」始められたきっかけなどを

 

オウレットパソコンスクール教室長

伊藤京子先生にインタビューしました。

 

 
  • ———————————–●
 

 

Q.講座を始めたきっかけは何ですか?

 

 

この講座を始めたのは、

生徒さんがミニチュアスイーツデコをたくさん作って持ってきて

教室に提供してくれたことからです。

 

 

パソコン教室の生徒さん本人が、ミニチュアスイーツデコ作りにはまり、

いろいろと自宅で作るようになりました。

 

でも、作っているうちに作品がたくさん溜まってしまったので、

最初は会社の人や知人に分けていました。

 

しかし、作った作品はかなりの数となってしまい、

そのうち、だんだんもらってくれる人がいなくなり、

ストラップにして教室に持って来てくれるようになったのがきっかけです。

 

ちなみにこの生徒さんは手先が器用な人で、

作品は誰が見ても販売できるほどの腕前の持ち主です。

 

私一人(伊藤教室長)でいただいても申し訳がないので、

パソコン教室で販売することにしました。

 

価格は一般に売られている同等品の半額以下で、物によっては部品や材料代程度の価格でした。

 

 

最初は小さなストラップだけだったのが、

だんだん大きめの作品を持って来てくれるようになりました。

 

そして、ハロウィンの時期には、ハロウィンの写真立て。

クリスマスの時期には、クリスマスケーキ等々。

 

ストラップを買っていた生徒さんも、

少し大きめの作品を見て、

「私も作ってみたい。」と言われ始めたので、

その生徒さんに「ミニチュアスイーツデコ講座」を開いてもらえるようにお願いをしました。

 

 

しかし、最初は

「自分が教えるなんて出来ないし、教えたことが無いから無理です。」

と断られてしまったのですが、

他の生徒さんからの要望もあったので何回かお願いしてみましたが、

残念ながら全て断られてしまいました。

 

 

そして、やっと教えてくれくることになりましたが、

いちからパーツをすべてその講座中に作ることはできないので、

パーツのみ先生が作って持って来てくれて、

教室の講座ではそのパーツを組み合わせて完成させるという講座でスタートしました。

(右のグレーのTシャツの方がミニチュアスイーツデコの先生です)

 

 

 

 

最初の頃は月1回、日曜日の午後講座をしていましたが、

生徒が増えてパーツを作るのに時間がかかるため、

現在は3か月から4か月に1度のペースで講座をしています。

 

 

「私も出来た~♪」

出来上がった作品を手に喜ぶ受講生の方」

 

 

 

 

 

こちらの講座もかなりの人気で、当初は数回で終了する予定でしたが、

2012年8月から始まり、現在2年4か月が過ぎました。

こちらもまだまだ終わる気配はありません。

前回に紹介した着物の講座料金は、ハンカチ(500円から800円)や

着物を飾るミニスタンド(800円から1,000円)と先生への謝礼(1,000円)

ミニチュアスイーツデコの講座料金は、その時のパーツ代(1,000円)と先生への謝礼(1,000円)途中から教室経費として、参加者一人当たり500円をいただくようになりました。

 

それと生徒さんが持って来てくれたお菓子の余り(*^_^*)

 

 

 

 

 

3.骨盤体操講座

 

 

この講座の最初のきっかけは、

知り合いの方から紹介されたカイロプラティックの先生が、

無償でもいいから骨盤体操を紹介したいという依頼からでした。

 

 

腰や体を痛めてから治療するだけではなく、

予防をしてほしいという思いのある先生で、教室で試しに骨盤体操をしてみることになりました。

 

 

募集をかけたところ健康志向の方が多く、すぐに集まりました。

 

 

 

 

 

 

 

参加された生徒さんは、とっても成果が出たことを喜んでくれました。

本来はずっと続けていきたかったのですが、

先生は自分で診療所もされているので忙しくなってしまい、

3回講座をした現在、様子待ち状態になっています。

復活を望まれている生徒さんも多いので、是非再度講座を復活できたらいいなと思っています。

 

 

 

 

最後に、どの講座のときも講座終了後のおやつタイムがもう一つの楽しみになっています。

必ず1人1つお菓子を持って来て、原則参加者全員でおしゃべり会を行います。

 

 

 

お菓子はどんなお菓子でもいいのですが、

お菓子作りの大好きな生徒さんが2人いて、必ず手作りのお菓子を持って来てくれます。

それも楽しみの1つとなっています。

 

どの講座も2時間となっていますが、

講座が終わってからのおやつタイムは1時間30分ぐらい行います。

夏場だと外が明るいので、長いときで3時間ぐらいのときもあります。

 

 

 

 

Q.最後に、「講座をしての良い点」はありましたか?

 

 

授業では聞けない本音トークが聞けます。

(パソコン教室のことだけでなく、その生徒さんの人間模様)

地域情報の収集ができること。

 

 

 

 

 

Q.今後の課題はなんですか?

 

自分たちの講座という意識をもっと持っていただくために、連絡等は参加者の当番制にしたけど、何かあると必ず教室に相談してきて自分たちで解決しようとしないので、もう少し自主性を持ってもらうようにしていきたい

 

おやつタイムの時間が一番本音が聞ける良い時間帯です。

例えば手作りのお菓子の話題から教室に設備があればお菓子づくり講座もやりたいねと広がっています。

 

より多くの人に参加してもらえる講座を作ることが課題ですが、

現状の設備では人数的にも講座的にも無理な状況ですが、少しずつ進化していけれたらいいなと思っています。

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

「発想」のヒントは、どこにでも転がっていますね。

日パ協通信 735号 【新年特別号】良い場所、楽しい場所には、人が自然に集まってきます。

日パ協通信 735号 【新年特別号】良い場所、楽しい場所には、人が自然に集まってきます。
明けましておめでとうございます。
日パ協事務局の大塚 雅之です。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m
皆さんにとって、昨年の1年間はいかがでしたか?



私にとっては、まさに波瀾万丈、激動の年となってしまい
年末ぎりぎりまでその対応に追われました。

私にとって、公私ともにとても大変な1年でした。


年頭から暗い話となりましたが、
元気は、いっぱいです。


何故なら、
「ピンチの後にチャンス有り」と言われるように、

ピンチで苦しい時だからこそ!
気づけることや、教えてもらえる事など、
いっぱい有ったからです。

確かに、落ち込んだり、
心配になって不安で眠れない時もありました。


そんなとき。
「自分の機嫌は、自分でとるようにしています。」

そうして、改めて自分自身を見つめ直すと、
たくさんの気づきがありました。



私の今までの経験や、
教えてもらった事ですが、

 「変容」
 
 の前には必ず

 「混乱」

 がある、

という事実があります。


変化ではなくで、 「変容」です。

 「変化」は、外面的な姿や形が変わること。
 それに対して「変容」の「容」という字には「入れ物」という意味がありますよね。
 「収容」「容積」など中身を連想させます。

「変容」とは、内部が変わった結果 → 外に現れた様子が変わったこと。




今、何かに混乱されているとするならば、

むしろ良い兆候であると思いますし、
その状態をこそ喜ぶべきだと
私も混乱が生じたとき、そのように解釈しています。



ちょうど良いたとえがが今、朝目にした記事にありました

——————————-
分かりやすく言えば、
今の年収は500万だとします。

 でも、どうしてもやりたいことがあって、
 もっともっと稼ぐ必要がある。

 何が何でも、今の状態から抜け出したい!
 

という、

「理想」と「現実」の間に横たわる切実な矛盾に
 苦しみ、悩む状況に置かれている人にスイッチが入り、
 
「本当にその気になったとき」

初めてアンテナが立つのです。

——————————-



アンテナが立つと言う表現を使った記事でした。

まさに言い当てた表現です。



そのアンテナが立つと、
新しいものが見えてきます。


ピンチとなっても、不思議と周りに私を助けてくださる方が現れます。

本気でこの人は私のことを心配して考えてくれているんだと、伝わってきます。

その方々には、有り難い感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、ピンチにも感謝です。

だって、そのピンチが、私を救ってくれる女神なのかも知れません。


【01】パソコンスクールの夕方の空き教室対策で始めた○○○○スクール、2013年4月開校~1年9ヶ月の現状報告

生徒の募集は、開校時の一昨年に開校チラシを1回撒いて、
昨年に1回だけ、しかも、スクールの周辺だけにしか撒きません。

ほとんどが、口コミとホームページからです。
ホームページも○○○○が対象なので、スマホ専用のホームページを作っています。

http://xxxxxxxxxxxxx.com/

(省略)


昨年は2年目でしたが、前年比で生徒数が193%増、売上は211%増となりました。

まさに、パソコンスクールが落ち込んだ分を救ってくれた救世主でした。


【02】今年の日本パソコンスクール協会のテーマは、

「集める」ではなく「集まるスクールづくり」です。


——————————
「集客」というと、
ビジネス本やセミナーに洗脳されている人たちは、
「集客」のことだから、チラシを撒いたり、
広告の反応率を上げたり、といったことしか考えません。

そういう人は、いつまで経っても集客効果を追い求めて、
宣伝しなければ売上が上がらない現状から脱することはできません。

人を集めるというのは、「場所を作る」ことだとウィンビット弘中氏は言っています。

 
 「場所を宣伝すること」ではなくて、
 「場所をもっと良く作ること」です。

 良い場所、楽しい場所には、
 人が自然に集まってきます。

 そうすれば、
 集客や宣伝の小賢しいテクニックなどを多用せずとも、
 お客様やマスコミが勝手に宣伝してくれるのです。

 ディズニーランドや、USJ、など人気のあるテーマパークや
 施設に視察に行っても、
 「どんな集客をしているのか」
 「接客時にどんな売り文句を言っているのか」
 などしか目に入らない視察者も多いですが、
 こういう人は絶対に何も学べません。

 人気のある場所で見るのは、
 売上を上げるためのテクニックではなく、
 「場所を作る」ために何をしているか、なのです。
——————————


良い場所、楽しい場所には、人が自然に集まってきます。

それは、2本目の柱である○○○○スクールをやり始めてやっとその意味が分かりました。

日パ協通信の記事の写真で生徒さんの笑顔を見れば、それが全てを物語ってくれます。



だから、チラシをあまり撒かないでも入学率120%が実現出来るんです。



特に、法人として正社員を雇ってスクールを経営をなされている方は、

パソコンスクール一辺倒だけで無く、

今のうちに、もう一つの直ぐに倒れない太い柱を成長させてください。



一昨年は、日本パソコンスクール協会創立10周年記念でしたので東京での開催でした。
昨年は、信州・諏訪湖での開催でした。
今年は、関西を予定しています。



今年のテーマは、「集める」ではなく「集まるスクールづくり」です。




そのテーマに一番ふさわしいと思える!
場所にて開催予定です。


その時に、「従来のパソコンスクール経営の在り方を一変させる、大きな改革について」
膝を合わせてその全てをお話ししたいと考えております。

日パ協通信 734号 【逆転のスクール経営その1】生徒さんが先生、パソコンスクールがカルチャースクールに変身!

■日パ協通信■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【01】パソコンスクールの経営者のいけないところ
【02】生徒さんが先生、パソコンスクールがカルチャースクールに変身!
──────────────────────────────────────────

日パ協通信で3号連続シリーズで「本気で考えるスクール経営」をお送りしてきました。


そして、ずっと言い続けてきたことが、
我々パソコンスクール経営者が考えるべきスクール経営とは、
「”教室がいくら稼ぐか”」 が重要だ!ということです。

しかし・・・・・


稼ぐといわれても・・・

 「自分は、パソコンしか教えられない!」

 「一体・・・どう稼いだらいいのか分からない???」

 「この狭い1つだけの教室でどうやって稼ぐんだ???」


と思われる方が、ほとんどではないでしょうか?


では、どうしたらいいのでしょうか?

まず・・・
何故、うまくいかないのか、
その原因を探すために、

まず、パソコンスクールの経営者のいけないところを自分自身と照らし合わせてみてください。





【01】パソコンスクールの経営者のいけないところ




×パソコンスクールの経営者のいけないところ、

【その1】
・何でも最初から、「自分がやるもの」と決めつけているところ × です。

早い話、「自分しか出来ない、他に誰も居ない」と思い込んでいるから、
何も話が先に進まないんです。



×パソコンスクールの経営者のいけないところ、
【その2】
・何でも、「人に任せられない」と決めつけているところ × です。

これも、「自分よりできる人が周りに居ない」と思い込んでいるからです。



×パソコンスクールの経営者のいけないところ、
【その3】
・何でも最初から、「自分じゃ出来ない」と決めつけているところ × です。

自分の教室では、「パソコン以外できないもの」と思い込んでいるから、
何も話が先に進まないんです。


「何をしたらいいのか分からないし、
 自分の教室のように小さな教室では、
 何もできないから、打つ手が無い。」


そのように、思っているスクール経営者は意外に多いものです。


ところが意外にも、
あなたの身近にも凄い先生が居るんです。



例えば、「教室の空き時間に、教室を○○○○○○して稼ぐ」という
何も設備費用がかからなくて、自分は見ているだけという方法があるのです。


では、会員様によるその実例をご紹介いたします。


(以下は、日パ協通信日パ協通信 734号 【逆転のスクール経営その1】)



【本気で考えるスクール経営3】限界のない継続型スクール

日パ協通信 733号 【本気で考えるスクール経営3】
 限界のない継続型スクールビジネスのスタイルを考える
■日パ協通信■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【01】歴史から学ぶ第二のビジネスモデルの創造
【02】パソコンスクール経営の『矛盾』と『限界』
【03】間違っていた!講座の導入方法
【04】刈り取り型ビジネス → 育成型ビジネスへ
【05】パソコンスクール経営の不変の本質とは
【06】限界のない継続型スクールビジネス
【07】講座の戦略的品揃えの必要性
【08】生徒が集まりやすい講座と利益率の高い講座
【09】口コミが発生しやすい講座と長期(4~5年間)滞在講座
【10】生徒の「幼児期から関わってその人と一生涯お付き合いできるスクール」へ進化しよう
──────────────────────────────────────────
・・・・以下、内容は日パ協通信にて

【本気で考えるスクール経営2】資格をとったらもう1度通うことはない。

日パ協通信 732号 【本気で考えるスクール経営2】
 当たり前ですが、人は「一度習ったこと」や、「習得した資格」のスクールにもう1度通うことはない。
■日パ協通信■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【01】「パソコンスクール業界」を改めて考えてみる
【02】パソコンスクールは、立派なビジネスモデルになり得ます。
【03】大きな局面にさしかかったパソコンスクール
【04】「パソコン」が特別なものではなくなってきた
【05】スクール経営の根幹のポイントとは
──────────────────────────────────────────
—抜粋—
【01】「パソコンスクール業界」を改めて考えてみる
少し離れて冷静に この「パソコンスクール業界」を俯瞰する機会があり
これからの「パソコンスクール業界」を改めて考えてみました。


私自身、
どっぷりとこの「パソコンスクール業界」に浸かってしまい、
気が付いたら!
Windows95の発売の1995年から数えて、19年間も経過していたことに
今さらながら驚いています。


来年は、パソコンスクール誕生から
20年という節目の年になります。

ほとんどのスクールは、開校までの準備期間も有るので
私のスクールもそうですが翌年の1996年から97年からの開校が多いと思います。



さて、「Windows95ブーム」から始まった「パソコンスクール業界」は、
それに続く、「インターネットブーム」と、
政府主導の「e-JAPAN計画」によるIT講習。

そして8割の教育訓練給付金、基金訓練、など、
様々な波がやってきました。



さすがに、20年間近く
このパソコンスクールビジネスをやってこられた方は、
全国的に見れば、ごく少数派だと思います。

しかし日パ協の会員様は、以外に多数派です。
地域No.1を堅持しながら今日までやってきた、方々ばかりです。

これは、しっかりとした自分の信念をお持ちの方が多くて、
それぞれの方が、ブレない基本姿勢を貫かれているからだと推察されます。
いずれにしても、頭が下がります。

時代に流されてしまった方は、今大変な思いをされています。


なかなか、20年近く
同じパソコンスクールビジネスをやったという経験は
できることではないので、
その流れの中に起こってきたことを説明できる人もまた、
かなり少ないのではないかと思います。


そのような激流の中を
生き抜いてこられた方々(会員様)だからこそ
お話し出来ることを今回書いています。


●———————————–●


【02】パソコンスクールは、立派なビジネスモデルになり得ます。
色々な角度から
パソコンスクール業界を見てみると、
ここ1、2年でパソコンスクール業界は
1つの大きな局面にさしかかった気がしてなりません。


私自身も、20年間近くスクール経営を続けてきて、
この1、2年で強烈に、
「もう今のパソコンスクール経営という形は確実に転換期かもしれない」
ということを感じています。


以前から、スマホだ、タブレットだと
新しいデバイスが世の中に出てくるたびに、
別にパソコンスクール経営を
自ら真剣にやったわけでもないコンサルタントが

「もうパソコンスクールの時代は終わった」

などと評論していましたが、
実際にはそんなことはありませんでした。



やはり、パソコンスクールは、パソコンスクールなりの強さがあります。
会員様の○○パソコンスクールさんのように、
お客様に対して
ちゃんと手がければ、お客様は集まってくるし、
ちゃんと手がけるば、儲けるための仕組みができて、
 パソコンスクールは、立派なビジネスモデルになり得ます。


パソコン以外のデバイスに動じることは、全然なかったのです。



●———————————–●

【03】大きな局面にさしかかったパソコンスクール
しかし、「もう本当に時代が終わるかもしれない」
と強烈に実感し始めたのは、本当にここ1、2年です。
・・・・・以下は、日パ協通信にて

 

【本気で考えるスクール経営1】現状を認識したこれからのスクール経営

日パ協通信 731号 【本気で考えるスクール経営1】
 現状(足元)を認識したこれからのスクール経営
■日パ協通信■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【01】現状(足元)を認識したこれからのスクール経営
【02】働く母親の増加で浮上する小学生を対象にした放課後教育市場



—抜粋—-
【01】現状(足元)を認識したこれからのスクール経営
 Windows10が来年登場するとアナウンスされました。
当然、OfficeもOffice2015あたりで登場してくるのかな?
などと冗談を言っている場合ではありません。

 やっと、Windows8.1パソコンを1台入れたばかりで、
慣れないタイルと格闘し始めた矢先に、
もう! 「Windows10」!!!!!!!!!

 「正直、もう!やってられない」と、
そう思うのは、私だけでしょうか?


シニアも年々、減っていきます。
団塊シニアは、遊び慣れているのでハーレーを乗り回すバイク野郎。

いつの間にやら、折りたたみの携帯電話よりも、スマホだらけになり。

基金訓練も、名前が変わり制度も変わり質の良い生徒は見当たらず、
定員割れが日常茶飯事。赤字覚悟で3ヶ月間じっと我慢の日々。

MOS資格も年々先細りで、資格対策講座も開店休業状態です。


何度も言っています。
「自分で何もコントロールできない仕事は、面白くない!」

一方的に決められる訓練が嫌になり・・・
年間2,000万円あった収入源をスパッと止めたはいいけれど・・・・

自分でコントロールできる仕事は、なかなか見当たらず、
資金難でかえって、何もかも自分の自由にならないだらけになってしまった。


「これではいけない!」
「何かが違う!!」


 もがいて
 苦しんで
 絶望して
 起き上がって
 また、沈んで
 ヘタレて


やっと、気がつきました。

自分が上に登る階段が、
途中から、無いことに気が付かず・・・
ただ、登ろうとしていたことに!

そして、
自分自身で、階段の途中から上を消し去っていたことを!



そして、今後も長く続けられる「スクール経営」を本気で考えました。


私たちの資産は、「教室」です。

そして、その「教室」がいくら稼いでくれるのかがビジネスであり、
それを考えるのが「スクール経営」です。


では、私大塚が考えているスクール経営について連載でお話しさせていただきます。

・・・・・以下は、日パ協通信にて

最近、パソコンスクール経営にとても大きな変化が現れていることにお気づきでしょうか?

昨年から今年にかけて、パソコンスクール経営にはとても大きな変化が現れていることにお気づきでしょうか?


「時代の変化とともに、パソコン教室のニーズも変わってきた」
しかし、これはずいぶん前から言われていることです。

パソコンスクールが世に出て間もなく20年になろうとしているが、
その20年の間にも絶えずニーズは進化していました。

OSが現在のWindowsになる前は、MS-DOS時代からの一太郎・LOTUS1-2-3が全盛時代でした。
そしてWindows95が登場して来年で20年。
一太郎・LOTUS1-2-3から、Word・Excelが主役の時代となりました。
時代は、留まることを知りません。常に進化しています。

・メール・インターネット・ワード・エクセルなど、
「初心者向けの講座で集客が難しい」
「長く続けられる講座がない」
これらも、ずいぶん前から言われていること。

『パソコンスクール経営の本質』を考えながら、
これからのスクール経営をどの様にしていくのかを決めなければなりません。

「パソコンスクール経営の本質」を考える前に、
「本質」という言葉の意味から調べましょう。

『本質』とは、
・物事の根本的な性質・要素。そのものの、本来の姿。
・存在するものの基底・本性をなすもの。偶有性に対立し、事物に内属する不変の性質


『パソコンスクール経営の本質』とは、

パソコンスクール経営の根本的な性質・要素、
パソコンスクール経営の不変の性質という言葉に置き換えられます。


パソコンは、その使い方を習うだけなら目的が果たせれば自然と退会してしまいます。
当然といえば当然のなのですが、その補充分の新規入会者を集めるのはとても大変で、
長く続けられる講座をたくさん用意しないと、運営・経営が難しくなってきています。

小売業や飲食業ならば、
固定客さえいれば、失客しない限り延々と消費を続けて購入をしてくれます。


つまり、パソコンスクールというのは、
「常にお客を失い続けていく性質がある」と言うことです。
そのために「常にお客を補充しなければ経営が成り立たなくなってしまう」

これが、『パソコンスクール経営の不変の性質』という事になります。



しかも、ここ1、2年で冒頭に述べたように
パソコンスクール経営にはとても大きな変化が現れているのです。


では、いったい・・・・・・どうしたらいいでしょうか?


それには、
限界のない継続型スクールビジネスのスタイルを考える必要があるのです。


——————————————————————-


これまでのパソコン教室は、
『パソコンを使えない人』をターゲットにしていました。
『パソコンの操作を学ふ』゙という限られた範囲の内容だったから
 経営的に苦しい状態の自転車操業が続いてきました。

パソコン講座に限らずに、タブレットなどの最新IT講座から、
いろいろな趣味系講座、脳トレ講座、旅行や写真、語学講座など、
多くの講座を取り揃え幅広いジャンルの講座を、数多く用意したら解決するのでしょうか??


講座に生徒が集まらないから、講座を増やしていく・・・・

この考え方でいいのでしょうか?

将来、ドンドンと講座数を増やしていかなければならなくなります。
これでは、その講座を提供する会社の戦略に、はまってしまうことになってしまいます。

当然、e-ラーニングなどでコンテンツを提供してくるでしょうから、
そのe-ラーニングなどの環境に縛られたスクール経営を強いられてしまうことを意味しているのです。

もっと、根本的なことを考えなくてはなりません!

安易に、講座を増やす戦略に飛びつく前に、
世の中の流れを見てみる必要があります。

日パ協コンテンツDVD Ver.8c 交換申込み


終了しました。

平成26年度第1期加盟校募集


一般財団法人 日本パソコンスクール協会は、
2013年3月に、協会設立10周年そして財団法人化3周年を迎え、
今年は設立11周年を迎え日本でも一番歴史のあるパソコンスクールの業界団体となりました。

日本パソコンスクール協会10周年

日本パソコンスクール協会10周年


 一般財団法人 日本パソコンスクール協会では、長年にわたり次世代の新しいスタイルのパソコンスクール経営について、調査研究を行ってまいりました。
パソコンスクールで講座を拡充するためのテキストのラインナップ拡充や、コンテンツの整備などを揃えて、新規会員様をお迎えする環境が整いましたので、新規会員の募集を開始いたしました。
是非、この機会にご入会をお待ち申し上げております。
なお、所定会員数になり次第予告なしに終了する場合があります。


一般財団法人 日本パソコンスクール協会

 日本パソコンスクール協会は、2003年2月24日に名古屋にて第1回経営者勉強会として活動を開始しました。同年5月、東京にて「インストラクタ主導で作るパソコン教室作り」について基本理念の発表を行い、全国9会場にて講座の展開方法や新しいパソコンスクールのあり方など多岐に渡たる大規模な 『お客様から支持される質の高いパソコンスクール作り』の研修会を開催しました。

全国で多くの「パソコンスクール」が競争する中で
『お客様から支持される質の高いパソコンスクール作り』を
全国レベルで協力し合い実現することを基本理念としています。

 2004年2月1日から日本パソコンスクール協会と名称を変更し、全国で様々な勉強会やセミナーを実施して北海道から九州までのパソコンスクールが全国から集うようになりました。

2009年3月29日に『一般財団法人日本パソコンスクール協会』として、理事会を中心とした新たな組織として再スタートいたしました。

この日本パソコンスクール協会の特徴は、経営者だけでなく多数のインストラクタが参加している点が最大の特徴です。これは、スクール運営で最も重要な役割を果たすのはインストラクタであるという考えに基づいているからです。

インストラクタ研修や、会計講座開設セミナー、基金訓練開設セミナー、本気の経営者セミナーなど積極的な活動を行ってり、今後のこの業界を担うインストラクターの育成に注力しています。

今後も、時代の流れに合わせた新しい風を吹き込んで、日本のパソコンスクール業界の発展に貢献してまいります。

今すぐクリックして、日本パソコンスクール協会に入会する

日本パソコンスクール協会に入会すると、こんなメリットがあります。


豊富なテキスト教材

テキスト教材(DVD1枚)  日本パソコンスクール協会で著作権を保有しているテキストのコンテンツデータは、会員共有の財産として正会員様には、Wordデータとしてお渡ししています。各スクールでそのまま印刷したり、オリジナルの説明を加えたりして自由にご使用いただけます。
また、ご自分で印刷・製本できない会員様には、ご自分のスクール名を印刷した製本テキストサービスも利用可能です。

●キッズからシニアまで幅広い年代と、サポートしています。

◆日パ協オリジナルテキスト 全ラインナップ

◆各ラインナップ

日パ協オリジナルテキスト(公式テキスト)

Office2010全国の会員で協力して開発しているオリジナルテキストは、日本全国のパソコンスクールのノウハウが詰まった学びやすい教材となっております。

日パ協オリジナルテキストは、テキストのWordデータも提供していますので、ご自分のスクールの授業内容に合わせたカスタマイズが可能です。

ご自分で印刷・製本できない会員様には、スクールの名前を印刷した製本済みテキストもご注文可能です。


会員販売価格 会員専用ショップで、2,100円から販売しています。
印刷のみの製本なし版は、1,785円から。

初めてシリーズ・テキスト

Office2010「初めてシリーズ」のテキストは、シニア向けに一般的なパソコンテキストよりも大きめの文字を使用し、画像も大きなサイズで表示しています。また、キッズ向けにルビ(読み仮名)付きのテキストも用意しております。
さらに、できるだけ文字を少なく、最小限の言葉で操作方法がわかるように端的に表現しています。
すべてのページをフルカラーで印刷しているので初心者でも分かりやすさNo.1テキストです。

会員専用ショップにて、裏表紙にスクールの名前を印刷したテキストが購入できます。


会員販売価格 会員専用ショップで、1,770円から販売しています。

Webデザイン/DTPデザイン・テキスト

Designパソコンスクール講師が長年にわたり教えながら改良を重ねて制作して、実際に全国のパソコンスクールで使用されている人気のAdobe「デザイナーズテキスト」シリーズが、最新のCS6に対応しました。
スキルを習得するうえでの「コツ」や現場ですぐに使えるテクニックは、定評あるスモール・ステップ形式なので自然に身につきます。これから、デザイナー・DTPオペレーターを目指すあなたにとっての最適なテキストです。
すぐに試したくなるすてきな作例を多数収録しているので、すぐに使えるノウハウも習得できます。


メールマガジン(日パ協通信 不定期発行)

メールマガジン 会員さん限定のメールマガジン「日パ協通信」では、経営者はもちろんインストラクターにも役立つ情報が満載です。

これだけメリットの多い「日本パソコンスクール協会」ですが、誰もが入会できるわけではありません。

今回は、このページをご覧いただいた
あなただけに特別なご案内となります。

 日本パソコンスクール協会では、縁故会員以外の会員様の募集は行っておりませんでした。このたび、10周年を迎えるにあたり次世代の新しいスタイルのパソコンスクール経営について調査研究を行ってきました。ここに、パソコンスクールテキストの拡充や、コンテンツの整備などの作業が終了し、新規会員様をお迎えする環境が整いましたので、新規会員の募集を新たに開始いたしました。
10周年記念キャンペーンの特典を用意いたしましたので、是非、この機会にご入会をお待ち申し上げております。
なお、所定会員数になり次第予告なしに終了する場合があります。


特典1テキスト19冊フルセット進呈中!

 ただいま日本パソコンスクール協会に入会すると、入門から資格対策までのテキストをフルセットで(40,315円相当)プレゼントしています。
「初めてシリーズ」のテキスト裏表紙にあなたのスクール名と住所が印刷されたOffice2010もしくは、Office2013テキストどちらか一式Word2013 入門1・入門2・基礎1・基礎2・基礎3
Excel2013 入門1・入門2・基礎1・基礎2・基礎3
の計10冊21,940円相当をプレゼントします。
シニアとジュニア向けに一般的なパソコンテキストよりも大きめの文字を使用し、画像も大きなサイズで表示しています。また、ジュニア向けにルビ(読み仮名)付きのテキストも用意しております。

 さらに、ビジネス向けオリジナルOffice2013用MOS資格対策テキストもプレゼントします。
プレゼントするのはWord2013基本・応用・MOS資格対策、Excel2013基本・応用・MOS資格対策、PowerPoint2013、Access2013基本・応用の全9冊18,375円相当です。
できるだけ文字を少なく、最小限の言葉で操作方法がわかるように端的に表現しています。
また、すべてのページをフルカラーで印刷しているので初心者でも分かりやすさNo.1テキストです。
特典2オリジナルコンテンツDVDが送られてきます。

今、日本パソコンスクール協会に入会申込みして受理されると、オリジナルテキスト教材(コンテンツDVD)が送られてきます。ご自分の教室で印刷してお使いいただけます。

今すぐクリックして、日本パソコンスクール協会に入会する


特典3ステップアップ・スタート

通常、新しく入会していただく場合には、ブロンズパートナーからのスタートとさせていただいておりますが、今回はシルバーパートナーからのスタートになります。準備会員期間を飛ばして、入会時からすぐに、設立時からの会員さん達と同様のコンテンツを提供させていただきます。


特典4今なら入会金50%キャンペーン

入会金は、ブロンズ・パートナー12万円のところ、6万円(税別)でご入会できます。


特典5製本版テキストへの名入れ 無料

ネットショップで販売しているオリジナルテキストや公認テキストの裏表紙にスクール名をお入れいたします。


市販されているテキストと違い、スクールのオリジナル感が出せ、生徒さんへのアピールにもなります。


特典6タイピング練習USB 無料進呈

タイピング
主な特徴を上げると、

キー操作の基本の解説
  • 先生に代わって、タイピングの基礎、正しい指の形、動かし方、操作のコツを3Dで表示し、声で解説します。
タイピングの練習
  • 指の形を表示し、正しい手本を示しながら、練習を進めます。
  • そばに先生がついているように迷わず練習できます。
  • 特に小指や薬指などの動かしにくい指のガイドは大好評!
特典7各種スクールライセンス

日本パソコンスクール協会は、スクールライセンスを提供している各種企業と提携しています、会員様のライセンススクール登録をサポートをいたします。


  • オートデスク認定トレーニングセンター(AutoCAD)
  • 筆まめスクール
  • ジャストシステム PC教室パートナー
  • 弥生スクール
  • 各種クリエイター能力認定試験(サーティファイ)
  • ヒューマン・ロボット教室
特典8正会員待遇

毎年5月頃に、日本各地で総会を開いています。毎年、総会だけでなく会員さんに有益な情報を提供できるようにセミナーや勉強会などと組み合わせて開催しています。


入会した最初の年から正会員待遇としてこの総会に参加できます。


特典9日パ協主催セミナー参加権

日パ協主催の各種セミナーに特別価格で参加できます。最近行ったセミナーを紹介します。


2014年5月 ~苦しい生徒募集活動からの解放戦略発表
5年後も元気な楽しいスクールであるために!『究極の集客方法』集客に追われない苦しい生徒募集活動からの解放戦略はこれだ!
2013年5月 設立10周年記念講演
⑴衰退期のそろばん業界で(株)イシドの大躍進
 20坪で生徒数が400名のビックリ教室はなぜ生まれたか。
⑵ビジネスメール講座「メール教育の現状と 今後の可能性」
 アイ・コミュニケーション代表取締役 平野 友朗 様
2012年5月 アドビ講座導入セミナー
CS6デザインプレミアム収録ソフトの説明、授業シミュレーション、運営方法説明など
2011年6月 日パ協 CADフォーラム
基金訓練でのCADコース申請について、運営について、CADコース授業体験など
2011年7月 絆コンファレンス2011
全国パソコンスクール事例発表会、
 宮城県の会員様「東日本大震災を体験して皆様にお伝えしたい3つのこと」、
 四国愛媛の会員様「ど田舎教室繁盛記・インストラクターは女神様」、
 基調講演「パソコンスクールにおける効果的な映像学習の導入法」
全国インストラクターカフェ情報交換会
 お客様に支持されるスクール作りとは!?経営者とインストラクターで一緒に考えよう!
2010年9月 会計講座・開設セミナー
会計ソフトの基本操作と経理実務の日常処理の理解を深める、実際の授業での注意事項など弥生の全面協力で開催
2010年6月 基金訓練セミナー
コース設計の基本と記述について、受講者募集のポイント、受講者選定手法の説明と準備資料について、受講者の受け入れについて、コスト削減方法、トラブルを防ぐために行うべきことなど
2009年11月 本気の経営者セミナー
1教室で月商300万円のパソコン教室が、生徒さん募集から入学までのマル秘ノウハウを全て公開

それでは、ここであなたが受け取れるものをまとめると…

本来の新規入会はブロンズ・パートナーからのスタートとなりますが、今回では、シルバー・パートナーよりのスタートができます。


ブロンズ・パートナー シルバー・パートナー
テキスト教材
(コンテンツDVD )
提供なし 無料提供(利用許諾契約が必要)
メールマガジン日パ協通信 その他会員向け 正会員向け
特典:教材テキスト なし 今ならテキスト19冊(40,315円相当)進呈中
特典:会費 月額12,000円(税別)
2校目以降2,000円/校
月額10,000円(税別)
2校目以降2,000円/校
特典:入会金 12万円(税別) 今回特別入会割引6万円(税別)
特典:製本版テキスト名入れサービス オプション:1冊あたり300円 無料
特典:タイピング練習ソフト なし USB版 教室用2セット進呈
特典:ライセンススクール 登録サポート
特典:日パ協総会 議決権なし 正会員に準じる
特典:日パ協主催セミナー参加権 一般価格 会員価格

今すぐクリックして、日本パソコンスクール協会に入会する

今ならさらに・・・

10周年を記念して編集した10個目の特典差し上げます!


特典10スクールコーディネイト・マニュアル
School Coordinate Manual スクール運営のノウハウがたっぷり詰まった「スクールコーディネートマニュアル」をプレゼント

目次を紹介しますと、

1.問合せから無料体験&カウンセリングへ
  • 電話応対
  • 受付の記録をとる
  • パンフレット作り方
  • パンフレットの送り方
  • 資料送付後のフォロー

2.無料体験&カウンセリングから入校へ
  • 無料体験&カウンセリング申し込みの対応
  • 担当者を決める
  • 名刺を渡す
  • アンケートの活用
  • カウンセリング用テーブルと配置
  • BGM効果
  • 香りの効果
  • 飲み物のサービス
  • カウンセリング時の注意点
  • 無料体験のポイント
  • 講師の服装や対応の仕方について
  • 無料体験後のフォロー

3.入校から継続へ
  • 個別カルテ
  • 講座テキストの利用とすすめ方
  • スキルチェックとマンツーマン
  • ペンギンシステム
  • 受講生の名前を呼ぶ
  • 荷物を置く場所
  • 休憩する場所
  • 教室のレイアウト
  • 受講管理簿

4.よりよいスクール作りを目指して
  • ネーミングの重要性
  • 講座の組み立て方
  • 講座はいつも進化する
  • スタッフのモチベーションを高める
  • 継続率の高い理由
  • 最後に・・・

今すぐクリックして、日本パソコンスクール協会に入会する


スクール経営で一番大切なこと!

スクールを経営するうえで最も大切な事は何でしょうか?
 ビジネスである以上「利益を出す」
 というのは前提ですが、その前提上で大切な事があります。
その、
 最も大事なのは、
 お客様にとって必要で有益でなものを提供できるかどうかです。
 お客様は、自分にとって必要で有益だと思ったらその対価を支払ってくださいます。
 そこではじめて利益が生じます。

 すなわち、利益を出すためのビジネスではなく、
 「お客様のためのビジネスをすることによってはじめて利益になる」、
 という考え方です。
 講座数が増えることがお客様にとってプラスになることならば準備を進めるし、
 自分たちの利益のためだけにやっていることならば後回しです。
 お客様のためになっていなければ講座数が増えても意味ないからです。
 お客様は、何に困っているのか?
 そして、何を必要としているのか?
 スクールの経営がうまくいかない、いま!
 利益を求める前に、先ず考える事があります。

日パ協コンテンツDVD Ver.8b 2014/5/20版 送付交換申込み


終了しました。

日パ協コンテンツDVD Ver.8b 2014/5/20版 当日交換申込み


終了しました。

日パ協通信 715号 【総会特集】パソコンはもう終わってしまうのか?

・・・いや!そんな事はありません!!

 

 

私たちは、スクールの経営者です。

肝心なことは、
「教室がいくら稼いでくれるのか!」

これが、私たちが1番忘れてはいけないことです!

では、どうやったら
「教室が稼いでくれる!」ようになるのでしょうか??

 

今年の日パ協(日本パソコンスクール協会)のテーマは

  ~5年後も元気な楽しいスクールであるために!~


です。

 

5月25日 日パ協総会において

 ~苦しい生徒募集活動からの解放戦略発表~

総会で公開され明かされる内容の一部です

□ 地域一番をとる怒濤のドミナント戦略
□ 中小塾キッズ部門立上げの罠
□ なぜキッズ部門を1日も早く立ち上げな
    ければならないのか?
□ 簡単に増えるとは言いませんが、
    1年で40名から3月現在84名、2倍へ
□ 3年目キッズ部門124人から524人になった
    キッズ部門!!その理由
□ 映像を使った筆っこの最新授業風景
□ 入塾ビフォーアフター
   (筆っこだからできる子ども達の字の圧倒的成長)
□ パートの先生でもできる授業モデル
□ 開校した加盟校様の現状

2014総会・教室見学会の出欠確認(正会員)

日時: 平成26年5月25日(日)10:30受付 11:00~総会

場所: 諏訪湖ホワイトモール(Beansパソコンスクール)
長野県諏訪市高島2丁目1201-44 ホワイトモール TEL 0266-75-5385

 

■定期総会
議題:
(1)平成25年度事業報告ならびに決算報告の件
(2)平成26年度事業計画案ならびに予算案承認の件
(3)その他

■セミナー: 会員スクールによる事例発表

~5年後も元気な楽しいスクールであるために~
苦しい生徒募集活動からの解放戦略発表!


終了しました。

スクール経営力には2つの異なる要素がある

 パソコンスクール業界は、世の中の世相や一時的なブーム要素が強いため、早く参入し着手 すれば新規開校から少しの期間である程度の生徒数を確保できる可能性が高い先行者のメリットが大きい業種です。

まず、Windows95によるインターネット普及による第1次パソコンブーム。この頃はまだワープロ教室が主流で、パソコン教室はWindows95の黎明期。一番古いパソコンスク-ルでも1995年開校からである。

そして、2000年9/21当時の森総理の所信表明演説で表明された、2005年までに世界最先端のIT国家となるようブロードバンドの普及による日本型IT社会の実現を目指す政府主導による「e-JAPAN計画」によるIT無料講習の第2次パソコンスクールブーム。

さらに、完全失業率が4%を突破し失業予防を目的に作られた厚生労働省の自己啓発支援制度である、授業料が8割戻ってくる「教育訓練給付制度」によるパソコン資格取得。による第4次パソコンスクールブーム。

この頃の成長期ではあっという間に業績を急速に拡大し急成長した企業が生まれました。

しかし、「成長期」はいつかは終わり、展開期・衰退期に入っていきます。

 

このときにパソコンスクール自体の業績を衰退させないで存続させられるかどうかは、
それまでとはまったく別の経営力が求められるようになってきます。


スクールを存続・維持する力が必要になるわけです。

このスクールを維持する力が不足しており、華々しく成長期に拡大したものの、
その後消え去ってしまったパソコンスクールは数え切れないくらいあります。


何故だろう??

あんなに素晴らしい教室と接客なのに?
スクールを止めざるを得ない状況になってしまうのか、

当時にはその理由がサッパリ分からず、また何故なのか理解できませんでした。

 

経営者に求められる力には、

成長期には、一気に拡大して先行者利益を得るスピード感など投資家としての感性が問われます。

しかし、流れが変わった時にはそれをいち早く感知し、次の波に乗り換え変えられるそのスクールの本当の力である、経営力や社員教育力、人材育成力が問われるのです。

すなわち、パソコンスクール経営者には2つそれぞれ異なるスクール経営力が必要だと言うことです。

 

 

日パ協10周年記念祝賀会の出欠確認(準会員、賛助会員)

日時: 平成25年5月19日(日)12:50受付 13:00~15:00
場所: アルカディア市ヶ谷(私学会館)
    東京都千代田区九段北4丁目2番25 TEL 03-3261-9921(代表)

 

■日パ協10周年記念祝賀会

■会費:正・準会員8,000円、協賛会員1万円




終了しました。

2013総会・祝賀会の出欠確認(正会員)

日時: 平成25年5月19日(日)11:15受付 11:30~
場所: アルカディア市ヶ谷(私学会館)
    東京都千代田区九段北4丁目2番25 TEL 03-3261-9921(代表)

 

■定期総会
    議題:
    (1)平成24年度事業報告ならびに決算報告の件
    (2)平成25年度事業計画案ならびに予算案承認の件
    (3)その他

■講演: 世界が認める「SOROBAN」教育
    株式会社イシド 代表取締役 沼田 紀代美氏

 

<総会終了後> 13:00~15:00
    「10周年記念祝賀会」



終了しました。

このページの先頭へ